daily life in a small way:case of golden
ささやかな日々の生活
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

やる気、元気、愛と狂気にゲット・ファンキー。
最近、マーヴィン・ゲイばっかり聴いてます。
主に"What's Going On"と"Midnight Love"。
しみる、というか、しみ入る。

10月13日(金)高円寺HIGH "we are the beautiful!"
w/Seabirth、フアリナ(福岡)、concrete twin、B.D.
food/神田お茶の水 三月の水



1.midwest end rock
2.freeway to the south
3.Glory Days
4.mushroom
5.inca kola
6.Corkscrew

スケジュールが合わず、バンドとしてのライブは久々。
とかは全然関係なしに、どうしようもなく最高でした。
学生時代の友だちが突然来てくれたり、
対バンとの意外な繋がりとかもあったりして、
そういうあれこれも嬉しかった。
年内にもう1本くらいはやれるかなー。

10月14日(土)代々木八幡NEWPORT "Cassette Tape Club"


インスタに上げてる妄想カセットテープが話題の @heavenless2100 さんの展示。
例えば、発売されている映画のサントラ未収録の映画使用曲を集めたものとか、
映画の背景音だけを抜き出した文字通りのサウンドトラックとか、
Sade"Lovers Rock"やPrince"Around The World~"の素人カバーコンピとか。
ジャケとかレーベルも作りこんでる、愛と狂気の産物。
ジン購入者への展示テーププレゼントもあって、
狙っていたハーモニー・コリンの"Mister Lonely"サントラ未収録集を入手。

10月15日(日)文京区立小石川図書館「レコードコンサート 世界・日本の民"俗"音楽」
選曲・解説/阿部広野(ノアルイズレコード)、渡辺弘之



仕事の話でもあるのであれなんですが、
公共図書館としては都内随一、2万枚のレコードコレクションを誇る
小石川図書館の企画のお手伝いをしました。
企画・コーディネートのほか、行きがかり上、司会進行係として登壇も。
ただ、おふたりのかける音楽がどれもすごくて、ただただ楽しく聴いてるだけでした。
数組いた家族連れの、お父さんお母さんが交互に赤ちゃんを抱っこしながら
あやしてる様子がものすごく微笑ましくて、
こういうイベントをもっとやりたいって思いました。
前日のカセットイベントで知り合った方も来てくれたりも(涙)。
終了後は千駄木に移動して、遊びに来てくれた友だちと遅くまで音楽(その他)談義。



音楽やばい。

8/6(日)六本木Varit、灼熱のアーバン地獄から特大のピースサイン。


ひとりゴールデンことacekilla2000/goldenライブ。
文化祭とか、学生の頃のライブハウスオーディション以来の昼公演。
どういうテンションで臨めばいいのかちょっとよくわからなかったけど、
始まっちゃえば特に昼も夜も関係なく普段どおりの楽しいライブ。
でも、15時に撤収、軽く蕎麦屋で打ち上げて、
外出てもまだ明るいのは結構よかったな。

お暑い中ご来場いただいたみなさま、共演の新津由衣さんとwonderfuloopさん、
Varitのみなさま、ご声援いただいたみなさま、そして平和を愛するみなさま、
どうもありがとうございました。

SE.tom tom club "genius of love"
1.midwest end rock
2.sunday morning (Velvet Underground)
3.eastwood
4.search & destroy (Stooges/EMF)
5.desert song
6.parallel

実は歪んだギターの音があんまり好きじゃなくて、
いつもクリーントーンばっかり使っちゃうんだけど、
どうしても一本調子になってしまうので、
今回はオーバードライブとかオートワウも繋いでみた。
そういえばコンプも初めてライブで導入。
機材とかエフェクターは好きなんだけど、
意味なくたくさん繋ぐのは嫌だから抑え気味にするようにしてて。
中継を増やすと楽器自体の音が細くなるし。
でも、やっぱりその機材でないと出せない音というのもあって、
非常に悩しいところであるのと同時に
そういうのをぐだぐだやってるのも楽しかったりする。
そんな風にして、いつもと違うシューゲイザー気味な音でやった
"sunday morning"は弾いててすごく気持ち良かった。


(床、左から)ディレイBoss PS-2、トレモロDemeter tremulator、オートワウMaxon AF-01、オーバードライブHot Cake、コンプDemeter Compulator、チューナーKorg(これらはギターに接続)
(椅子の上)ディレイBoss PS-2、ハイバンドフランジャーBoss HF-2(発振の音源として使用)


バンドの方は3人のタイミングがなかなか合わず、
次の予定が決まっていないんだけど、
ひとりの方ともどもできるだけやっていきたいと思ってるので
どっちもライブのお誘いお待ちしてます。

あとは仕事がらみなんだけど、
演奏とは別の音楽関係の企画を10月ぐらいにやる予定です。
ちゃんと決まったらお知らせします。

ではまたー。
rock'n'roll diary 2017春


3/18(土)、豪徳寺バレアリック飲食店で店内BGM係。
近所のいい感じの食堂からDJ的なお誘いがあって、
2人でということだったのでNoahlewis' Mahlon Taitsの
ドラム望さんと一緒にやることに。
望さんはYMO流れのテクノポップ的なやつを中心に、
こっちはオールドスクール、ソウル、ブラコンなんかを選曲。
全然違う感じなんだけど結局はどっちもNew Waveっていう横串があるので
よくわからないなりに楽しい感じにまとまったんじゃないかなーと。
ヴァン・マッコイのハッスルで大団円というミラクルも最高だったし。

この日は44回目の誕生日ということで、
サプライズのケーキ差し入れもあり、
最終的には貸切パーティ状態だった気もするけどそれもまあよし。
ご来場のみなさま、どうもありがとう。



そんなわけで今年に入ってから、バンドのライブ、ひとりのライブ、DJと、
3ヶ月続けて色々やってきたんだけど、
何というかそれぞれの活動が全然繋がらないし、
自分の中でも使う引き出しが違っていて、
それはそれで面白くもありつつ、
もう少しリンクさせたいなーっていう欲みたいのが出てきていて。
技術的な問題の解決も含めて落としどころを探り中です。


全然話は変わるけど。
メイン文房具は三菱JET STREAMがすっかり定着している。
その時々の新製品や用途に合わせて別のものを使うことはあっても、
JET STREAMのぬかりなさにはかなわない。
3色細字+シャープペンシルの組み合わせがないのが最大の難点ではあるけど、
程よい硬さでダマにならなくてかすれもないしほとんど擦れないという
奇跡的な完成度なのでそんなのは些細なこと。
あとこれは好みの問題だけど、
黒と赤はどのメーカーもそんなに大差ないというか、
どれも気にならないんだけど、青の色味はメーカーによって、
いや、同じメーカーでもブランドによって全然違う。
JET STREAMは青の青っぷりが丁度いい。
明るすぎず暗すぎず濁りもないきれいな青。
JET STREAM最高。

なんだけど、本題はそうじゃなくて。
誕生日にコンバーター付きのローラーボール0.5をもらい、
それ用に蔵前のinkstand by kakimoriでインクの調合をやって以来
すっかり楽しくなってしまって文字&文房具熱が高まり
事務的・日常的な書きものにも隙あらばあれこれ試している。



インクの調合は14色のベースインクから3色まで選んで、
ガラスペンで調合具合を試しながら注文するシステム。
なんとなくつくりたい色のイメージはあって、
それっぽい色をあれこれ組み合わせてたんだけど
なんかありがちな色にしかならなくて面白くなかったり
なかなかうまくいかなくて。
最終的に2色に絞って、しかもベースの色も全然違うのにしたら
すごくいい色ができた。
引き算&転換大切。
エニウェイ、みんなもマイインクつくったらいいよ。

去年の暮れから友だちの出産が続いている。
とてもいいこと。
本人たちも周りもしあわせな気持ちにする。
できるだけみんなつくったらいいよ。


日々の生活はそんな感じで概ね楽しいことばかりなんだけど、
政治的・社会的な不穏な空気はずっとつきまとっていて。
うちでも万が一の有事用にごっついマスクや非常食の用意をしている。
ほんとにこんなこと全然したくない。
平和ボケと言われようがなんだろうが、
戦争はしませんって言い切る日本がかっこよくて好きだったんだけどな。

「魂の自由を信じる俺って人間の象徴だぜ」(セイラー・リプリー)

人間性とか個人の尊厳が尊重される社会を維持できるように
やれることはやれるうちにやっておきたい。
多分まだ大丈夫。
アーバン砂漠でむせび泣く


2/8(水)は六本木でアーバンにひとりgoldenキメました。
今回はacekilla2000/goldenという名前で出てました。
でもちょっとくらい名前が違うからって
やることはそんなに変わりません。
歌って弾いてエフェクトを踏んだりつまんだり
スマホを所在なさげに触ってみたり
なんとなくクリスタルだったり。

今回は他の出演者がみんな弾き語りだったので、
なんというか色々参考になりました。
Hasta La Vista Babies、Penpalsの盛也さんが
一緒だったのも実はけっこう嬉しかったり。
本人は特にお伝えしていませんが。

では曲順です。
ちなみに転換BGMは昨年の大愛聴盤。
せっかくJames Ihaがずっと流れていい感じだったのを
がっつり台無しにしました。最高。

BGM. David St. George "The Voices of Dr. Dave"
1.midwest end rock
2.desert song
3.Ya-Yo! (ACO cover)
4.elvis
5.eastwood
6.search and destroy (The Stooges cover)
7.young hearts
8.parallel

"desert song"はひとりの時はいつもやってるんだけど
今回初めて歌詞をつけてちょっと変えてみた。
他もちょっとずつ変えてるけど、だいたいかなり前からある曲。
純新曲も用意してたけど、やりたい曲が多くて時間超過のため見送りに。
そういえば4.7.8.とかも元々はバンド用につくって、
練習とかでは時々合わせてみるんだけどなんかうまくはまらない。
別に難しい曲じゃないんだけどなー。

あと新しい技をひとつ編み出したのも大きな収穫。
最後の曲だけ手元でエフェクトをいじりたいので、
今までは多少不便でもずっとペダルを台の上に置いて、
他の曲の時も手で操作したり、
エフェクトだけ別回線にして無駄に楽器を増やしたりしてたけど、
試しに最後の曲の時だけボードごと動かしてみることにした。
これで今までの不便さが一気に解消。
見た目にもばかばかしくて最高。
こんなこと説明しても誰の役にも立たないと思うけど、
なんのことだか全然わからないと思うけど、
ほんとに画期的だったのです。

というわけで、ようやくひとりでも楽しめるようになってきました。
技術が気持ちに追いつかないのはともかくとして(すみません)。

すべてのオーディエンス、共演者、スタッフ、
そして遠くから応援してくれたみなさん!
いつもどうもありがとうございます。
次回ライブは未定ですが、おれがんばるよ。

それではまた。
higher ground


今週頭、出雲に行って大雪のため帰れなくなるという、
ニュースではよく見るトラブルに巻き込まれました。
そんな波乱に満ちた2017年のgoldenは高円寺HIGHからスタート。

本番直前に楽屋でDinasour.JrのPVを大爆笑しながら観て、
いい感じにテンションを上げて臨んだ甲斐あって
いつも以上に楽しくやり切りました。



SE.the tremeloes "silence is golden"
1.inca kola
2.Glory Days
3.underground railway map
4.midwest end rock
5.Corkscrew

今回のハイライトはひっさしぶりにやった3曲め(通称ハルキ)。
しばらく気分的に別のモードだったのでやる気がしなかったんだけど、
なんかそういう制約みたいなのも振り切りたいなーと思って、
試しにやってみたらやっぱりすげー楽しかった。

この調子で新しいこともどんどんやってく2017年。
キープ・フレッシュ。

次のライブは2月8日(水)六本木VARIT。
バンドじゃなくて、acekilla2000/golden a.k.a.ひとりgoldenです。
他の出演者もみんなひとりです。
Hasta La Vista Babies、Penpals他の上条盛也さんも出ます。
これまた楽しい夜になると思う、というかするのでぜひ。
よろしくどうぞー。

2017年2月8日(水)六本木VARIT
"WHAT'S DA SOUND"
19:00開場/19:30開演
出演:acekilla2000/golden、Life-Like、銀河スープ、MoriyaSan(Hasta La Vista Babies)


http://www.r-varit.net/schedules/view/349

予約はこちら




ライブのお知らせ。
なんか珍しくいろいろ決まってます。
1月にバンド(いつもの3人。黄金の三悪人)で1本、
2月にひとりgolden(acekilla2000/golden)で1本。
3月は初めての場所でDJ的なことを久々にやる予定。
too young to die, to fast to liveな感じ。
この後におよんで生き急ぐ。

ということであれこれ準備中です。
やりたいこと・やりたい曲がたくさんありすぎて、
でも時間もできることも限られているわけですが、
できるだけ新しいことをやりたいなー。
キープ・フレッシュ。

以下詳細です。
どちらもよろしくどうぞー。

2017年1月27日(金)高円寺HIGH
"KOENJI HIGH 9th ANNIVERSARY
we are the beautiful!"
開場 18:30/開演 19:00
前売 ¥2,000/当日 ¥2,500(ドリンク別)
出演 ArtTheaterGuild、golden、kazuna hirose with echo、Atonish Door
FOOD 神田お茶の水 三月の水
※goldenは1番目、19:00からの予定です。

高円寺HIGHのホームページ


2017年2月8日(水)六本木Varit.
"WHAT'S DA SOUND"
開場 19:00/開演 19:30
前売 ¥2,000/当日 ¥2,400(ドリンク別)
出演 acekilla2000/golden、Life-Like、銀河スープ、
   MoriyaSan(Hasta La Vista Babies)

先日、生誕半世紀を激しく祝ったばかりの
上条盛也さん(STARWAGON、PENPALS、HLVB)もご一緒のようです。

六本木Varit.のホームページ

ご予約はこちら
謹賀新年



あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

松田彰 a.k.a. acekilla2000/golden
2016年総括!見晴らしのいい地獄でフレッシュを!


今年はgolden20周年でいろいろやるつもりだったんだけど、
なかなか思うようにいかず。
もうみんな何気にいい大人だからね。
それぞれいろいろあるから仕方ないので、
いろいろは来年に持ち越し!

そんなこんなで今年の総括です。

goldenのライブは6本。
バンド的には概ね予定通りの本数だけど、
ひとりgoldenできなかったのはちょっと心残り。
来年は両方やります。

リスナーとしては、高校生とかの頃と同じくらいか、
下手したらそれ以上にレコ屋に行くのが楽しくて仕方がなかった。
きっかけは多分Stones Throwのイベントで来日した
Egyptian Loverのライブ。
あれで完全にエレクトロ/オールドスクール熱が再発して、
ソウルとかヒップホップの棚にのめり込み、
80's、甘茶、マイアミソウル、ディスコ、ダンクラ、王道ソウル、
イタロ、ブギー、ブラコン、とその時々で微妙に趣向を変えながら
あれこれ聴き漁った。
今までなんとなく避けてたジャンルもあったので、
発見も多かったし、だんだんわかってくる感じとかさいこうで、
フレッシュ大切って改めて思ったよ。

そんな中でとにかくいちばんぐっときたアルバムが、
2015年にCD化されたDavid St. George "The Voices of Dr.Dave"。
Malacoという渋めのレーベルから出たとは思えない、
いい具合のアーバン具合。
エンドレスリピートでも全然飽きないミラクルな1枚。
どこがそんなにいいのか知りたくて聴き続けてるけど未だに謎。
あとはMarvin Gaye"What's going on"、"Midnight Love"、
Rick JamesプロデュースのMary Jane Girlsとかもかなり今年のツボだった。



新譜だと、大森靖子『Tokyo Black Hole』、KIRINJI『ネオ』、
Mayer Hawthorne"Man About Town"、D.A.N.、
Steve Lacy(The Internetのギタリスト)、
坂本慎太郎(アルバムより2枚のシングル)、
Bruno Mars"24K Magic"などがよかった。

大森靖子アルバム表題曲の歌詞「地獄、地獄、見晴らしのいい地獄」は
今年いちばんのパンチライン。
完全に今の状況を言い表していると思う。

去年もそうだったけど、年間ベスト的なやつでもフィジカルリリースがなかったり、
とりあえずデータで買っちゃってたりするようになってきている。
好きなのはちゃんとブツで持ってたいよなーと思うけど、
いつまで持ちこたえてくれるかな。

映画は『この世界の片隅に』、『ストレイト・アウタ・コンプトン』、
『あの頃エッフェル塔の下で』あたりが印象に残ってる。
『シン・ゴジラ』も面白かったけど、あれはなんか別枠。

あとは、ジョン・ケイルのライブ、森美術館の『宇宙と芸術展』も今年か。

本は最果タヒ、松田青子を立て続けに読んだのと、
去年に続き、岸政彦と武田砂鉄がよかった。

テレビは『逃げ恥』と『勇者ヨシヒコ』が面白かった。
『フリースタイル・ダンジョン』も。

そんな感じです。
こういうあれこれをあちこちの活動に盛り込んでいけるよう
頑張っていきたいところです。

というわけで今年も大変お世話になりました。
なんかあっという間だったけど、地獄感はんぱないけど、
それでもやっぱり楽しくてフレッシュだったから最高です。
来年もどうぞよろしくお願いします。

golden、地獄へまっしぐら


12/20(火)六本木VARIT。
師走のギロッポンナイトはやはり最高でした。
ご来場のみなさま、対バン・関係者各位ありがとうございました。

SE.The Tremeloes "silence is golden"
1.inca kola
2.freeway to the south
3.growing up
4.little death of her own
5.Lo-Fat
6.midwest end rock
7.Corkscrew

20thアニバーサリーイヤーを締めくくるライブなので、
大昔につくったカセットの再現も織り込んでみたり
(3曲だけだけど)。
SEも多分その頃いつも使ってたトレメローズで。
格言っぽいタイトルなのでそんなことを歌ってるのかと思ってたけど、
気になって読んでみたら完全に片思いボンクラ騎士(ナイト)の
「言っても信じてもらえないからじっと見つめてる」宣言でした。
残念だけどそれでいい。

今回はテックの梅ちゃんがリハから入ってくれて、
アンプのセッティングも見てもらったので
いつも以上にがつんと気持ちのいい音が出てました。

どうでもいいんですが、この日のちょっと前から結構腰が痛くて、
翌日病院に行ったら、椎間板ヘルってました。
ヘルのニアです。
やはり地獄からは抜け出せないんだなと覚悟決めました。

次回は年明け、2017年1月27日(金)高円寺HIGH。
詳細は改めて!
よろしくどうぞー。

friday night (i want to dance)


golden夜の街へ。

六本木VARITでやってきました。
おなじみFARMSTAYがpresentsの企画で、
共演はひとりgoldenでいちどご一緒したtaicoto orient。
ありえないセッティングミス(アンプ電源入れ忘れ)で2曲やってたり、
その他細かいもろもろはありますが、
そんなことには全くダメージを受けず
ただただひたすら楽しくやり倒しました。
大人になるのってさいこうですよ。
ご来場のみなさま、関係各位、
どうもありがとうございました。

では曲順です。
SEはなし!

1.midwest end rock
2.inca kola
3.Glory Days
4.bright lights, golden city (new song)
5.freeway to the south
6.Ziggy Stardust (カバー for テクマ!)
7.mushroom
8.Corkscrew

ツカザキさん渾身のボウイカバーはやってよかったと思う。
新曲も見切り発車気味だったけど、
こういうインプロ的なやつは最近やってなかったので
久々にスリリングで燃えました。
うたの面でもちょっと新しいことにトライしていて、
今後どうなっていくのか楽しみな曲。

VARITは今年の3/18にオープンした新店。
同じ誕生日ということもあってか(ロマンティックな魚座)、
本当にやりやすかったです。
店長はひとりgoldenでドラムを叩いてくれたこともある赤木だし、
Que、Zher the ZOOでお世話になった安斎さんもいるし、
今後お世話になる機会が多くなりそうな感じです。
と言っても次のライブは未定なんですが。

というわけでまたー!